認知症治療病棟

 認知症への専門的なケアをおこなっております。
 認知症の周辺症状により、自宅や施設での生活が困難になった患者様に対し、短期集中的な精神科治療・リハビリを通して症状の緩和・心の安定を図り、在宅や施設への退院を目指しております。


このような症状でお困りの方・ご家族様
徘徊 多動 落ち着きがない
不潔行為 興奮 まとまりのない行為
妄想などの精神状態 不眠 夜間せん妄(夜間に大声を出す)等
心配のある方は、一度ご相談下さい。

 それぞれの症状に合わせ、薬物療法・精神療法・生活機能回復訓練を実施し、早期改善に努めています。
 病院で出来ることは、限られています。
 地域と協力し、認知症の患者様、ご家族様の状況にあった退院後の生活を考えていくお手伝いをさせて頂きます。


施設

1階病棟 41床(開放病棟) 2階病棟 41床(閉鎖病棟)


特色

生活機能訓練

入院患者さんの生活能力を活性化し、また潜在能力を発掘し、認知症の改善・進行の防止、身体能力の維持・向上を図るための訓練です。
当院では、看護・介護職が行う日常生活動作に対しての援助訓練のほか、作業療法士が行うレクリエーションや院外活動を取り入れ、孤独感や情緒の安定、生きがい作り、社会性の回復を目指しています。

入院までの流れ